//

ベトナム風お好み焼き 「バインセオ」

金曜日 - 04/05/2012 04:45

ホイアンでは雨季はバインセオの季節である。そのとき、バインセオ屋さんのどこでもお客さんがいっぱい。

小麦粉の他、ターメリックや米粉が入ったバインセオ専用粉を使うので、ややモッチリとした食感があり、このあたりが日本のお好み焼きと違うところ。日本のベトナム料理店に行くと、円形に焼いた生地を半分に折って出すスタイルをよく見かけるが、ここでは、焼きあがったバインセオをライスペーパーで巻いたバージョンも教えていただいた。ラップサンドのようで食べやすい。
 

 
つくり方は、まずグリーンオニオンと細切りにした豚肉を茹でて、グリーンオニオンをみじん切りにしておく。専用粉にさらにターメリックを加えて色鮮やかにし、グリーンオニオンを加えて水で溶く。具材となるエビと豚肉はフライパンで先に焼き、火が通ったら生地を流し込む。厚さは、薄焼き玉子よりやや厚いくらい。蓋をして1分ほど焼いたら裏返し、さらに少し焼く。
 
バインセオが焼きあがったら、生のもやしをはさんでいただく。また、水で戻したライスペーパーにバインセオ、もやし、ミントやバジルの葉を巻いて食べると、主食にもなる。
材料:
グリーンオニオン / エビ / 豚肉 / もやし / バインセオ専用粉(米粉・小麦粉・ターメリック入り) / ミント / バジル / ライスペーパーなど
 
この料理も野菜が多く、味付けも控えめなので、食材の滋味深さが味わえる。
 


 

 キーワード: バインセオ
記事数点:24 に 5 評価
: 4.8 - 5
この記事を評価するためにクリックしてください。

  Reader Comments

反スパムコード   

新しい記事

古い記事